相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いじめ加害者の名前を公開することをどう考えるか?罪なのか?そうでないのか?

インターネット上の個人の情報発信と「責任」について先週は時間を掛けて考えてきました。

「影響力があるんだから発言に責任を持ってください」 | ihayato.news

個人の自由と社会的責任のグレーゾーン

何度かツイートしましたが「ライターなんだから職業倫理として責任を自覚せよ」みたいな精神論には興味がありません(僕だって人並みの責任感はもって情報発信しています。そうじゃなきゃ講談社での100本以上の連載も、4冊の書籍執筆もできません)。



僕が関心があるのは、そういうレベルの話ではなくて、いかなる場合に、自由なネット上の個人という存在が、責任を「追求」されるのか、という点です。

例えば、

・僕の「フリーランス最高!僕は独立してよかったです」というツイートをきっかけに、実際にフリーランスになってみたが、仕事がうまく行かなくなってうつ病になってしまった

という場合。これは僕に責任があるのでしょうか?

僕はそうは思いません。多分みなさんもそう思うでしょう。それはなぜでしょうか?

また、例えば

・いじめの加害者と同じクラスで、いじめの被害者と親友である人間が、怒りにまかせてネット上で加害者の実名を公開した場合

は発信者に責任は問われるのでしょうか。プライバシー侵害で民事訴訟になる案件、というメッセージを頂きましたが、訴訟の行く末はどうなるのでしょうか。

また、

・いじめの加害者と同じクラスで、いじめの被害者と親友である人間が、怒りにまかせてネット上で加害者の実名と住所を公開した場合

はどうでしょうか?何か、発信者の責任が求められる感じが強くならないでしょうか。それはなぜでしょうか?




いじめ加害者の話はやや複雑で、「私的制裁の是非」というテーマとも繋がってくると思います。僕はここにも強い関心があります(が、論じるだけの力を持っていません…)。

デヴィ夫人が加害者とされる人々の実名を公開した時の反応は、一つの参考になるでしょう(ちなみに、関係のない人の写真を載せたとして訴訟沙汰にもなっています)。



いじめ加害者実名暴露のデヴィ夫人に、85.2%が「支持する」と回答

いかなる場合にネット上の個人が責任を「追求」されるのか、というテーマは考える価値、議論する価値があるように、僕には思えます。僕にはこのテーマを深めるだけの知見がありません。法学、政治哲学あたりの文脈では議論されているのでしょうか…どなたか良い文献などあれば、ぜひ教えてください。




というわけで、やや例がよくないのですが、思考実験として、

・いじめの加害者と同じクラスで、いじめの被害者と親友である人間が、怒りにまかせてネット上で加害者の実名を公開した場合

に、発信者に責任は発生するのか、どういった条件で責任が発生するのか、そういった問いに対する答えを言語化してみるのは面白いと思います。




単純に思いつくところでは、加害者が「実害」を被った瞬間に、責任が発生するような気がします。でも、その先の問い、

・「実害」が発生しなければ何を言ってもいいのか?
・どの程度が「実害」と呼べるのか?

といった問いには、いまいち明瞭な答えが出せません。そもそも問いが間違っているということでしょうか…。

http://blogos.com/article/44779/?axis=p:0


実名公開は法律的にはダメでも・・・。

法律的にはおそらくアウトだろう。倫理的な問題からすればどうだろう?仮に法律的にダメでも俺は状況に応じてやっていいことかあると思うけど。法律ってのは杓子定規で、とても柔軟な対応ができないから、その場その場に応じて、法律をどう解釈して、その結果どう行動するか?を決めれば良いと思う。

例えば、もう誰もいない、車も来ない、そんな交差点の信号が赤だったとして、青になるのを待たずにわたる人も多いのではないだろうか?この行為は決して褒められるものではないけど、ある意味、事態に柔軟に対応した合理的な行動と言えるだろう。また、救急車は法理的にも信号無視してもおkなわけだ。これは一応の例外だけど、法律を柔軟に解釈した結果だと思う。

さて、今回の場合はどうか?法律的な問題はさておき、ほとんどの人間が実名を公開することに異議を唱えないと思う。法律よりも正義に適った行動だと思うから。俺は正直言って、別に良いんじゃないか?というのが本音である。それくらいの社会的制裁を受けても差し支えないだろう。といったところだ。

1番望まれるのはこの加害生徒がそれなりの社会的制裁を受け、反省しつつも、苦しみを味わいながら生きること。そして、それを見た第二第三のいじめっ子がこの光景を目の当たりにして、いじめを躊躇してもらうことではないだろうか?倫理的、法律的な問題はともかくとして、社会的に何が最善か?を考えたときに、実名公開は我々にとって十分社会的な利益を済む行動だろう。ということである。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の犯罪事件ニュース】
いじめ加害者とその家族を、今度は国民が一体となっていじめの標的に
死刑を撤回し、無期懲役を下した裁判官に批判が殺到
信号無視の注意に逆切れして殺害した男の初公判
娘の自殺の準備を手伝って、その両親が逮捕
大津市の加害生徒は自殺後もいやがらせ行為を行っていた
[ 2012/08/13 17:30 ] 犯罪事件ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/109-f6b03e29


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。