相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長すぎる、退屈なロンドン五輪閉会式に批判殺到!

これでもか、これでもかというほど歌手やロックグループが登場した。ロンドン五輪の閉会式。さすがにビートルズを生んだ国で、4年前の北京ではひたすら花火を打ち上げていたが、こちらは徹底したロック攻めだった。英国では超がつく人気者ばかりとかで、さしずめ紅白歌合戦を閉会式にもってきたようなものだろう。(サンケイスポーツ)

 時間も3時間を超えていた。開会式もそうで、あまりにも長すぎる。1964年東京五輪の閉会式では国旗の入場のあと、各国選手が肩や腕を組み入り乱れて入場し世界中を驚かせた。それまでなかったスタイルで、「世界は一つ」をアピールした感動的な式を1時間15分で見事にまとめている。

 
今回の五輪では、北京のとき最高約6万円といわれた開会式チケットが最高約26万円、閉会式でも同約19万円というベラボーな値段が付いた。ミュージシャンだけでなくナオミ・キャンベルらスーパーモデルまで登場させてのショー。ここまでたっぷり見せないと「高すぎる」と文句が出るからかもしれない。

開閉会式は組織委員会にとっては大きな財源でもあり、「お前がやるならオレもやる」式に回を重ねるごとに派手さを増す一方だ。4年後のブラジル・リオデジャネイロは、サンバのリズムに乗って一晩中でもやっていそうなお国柄だが、果たしてどんな塩梅になるのか。

 IOCは「五輪の肥大化」を懸念し、実施競技数や参加人員に厳しい条件をつけている。その割には開閉会式は野放し状態。時間制限ぐらい設けないことには歯止めがきかずチケットも高騰するばかりだ。2020年東京開催の暁には原点回帰で簡素でも胸を打つものに、とは気が早すぎるか…。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120814/oth12081406370000-n1.htm


確かに長すぎる。そして、つまらないw

俺は実は閉会式は見ていない。一応、開会式は見ていた。というか、各国の入場行進を見ようと思って、それまで仕方なく開会式も見ていたのだけど、これがあまりにも長い!こっちの時間帯で朝の6時くらいだったから、もうあまりの長さに呆れて、寝てしまったよ!www

五輪の開会式を楽しんでるのって、基本的にその開催国だけじゃないか?一度開催国になると、おそらく生きている間にもう五輪が開催されることはないだろうから、躍起になって開会式、閉会式を企画するのは解る。だけど、見ている側からすればあんなのどうでも良いwww俺が選手なら絶対に参加しないけどな。長いこともそうだけど、つまらないんだよ!www

唯一、見ごたえがあったものといえば、開会式のミスター・ビーンの登場シーンだけである。「しばらく見ない間に老けたな・・・。」と思っていたシーンだけである。後はずーっと退屈で、終いにはもう見るのをやめたわけだ。まあ、どんな開会式、閉会式にするか?は勝手なんだけど、あれのどこが面白いんだろう?という気しか起きない。閉会式では有名なシンガーが多数きたらしいけど、すまん!洋楽を全く聴かない俺はアーティスト名すらも分からんwww

もし、日本で五輪やるなら、能、歌舞伎、狂言、太鼓、雅楽とかやらないでくれよ!?www退屈でしょうがないだろうからwww
[ 2012/08/15 12:30 ] スポーツニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/110-ca3d082a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。