相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生活保護を申請してきた男性に対して、「お前ホームレスじゃないだろ?」と大津市職員が一蹴

生活保護の申請のため大津市役所を訪れた40代の男性に対し、大津市生活福祉課の男性副参事が、「10~14日間は公園などで生活していないとホームレスとは認められない」などと説明していたことが、大津市への取材でわかった。ホームレスは受給の条件だが、野宿の日数の規定はなく、市は近く男性に謝罪する。

 大津市によると、男性は今月22日に大阪府門真市の勤務先の寮を出て、大津市にやってきた。市生活福祉課に生活保護の受給を申請したが、担当者は居住地の門真市で申請するよう勧めた。翌23日に支援団体職員と再び来庁したが、男性副参事が、「本当にホームレスか」と支援団体の職員に質問し、「10~14日間、公園などで生活しているという実態がないとホームレスとは認められない」との趣旨の説明をしたという。

市生活福祉課では「ホームレスの定義に野宿した日数の条件はない。それぞれの生活実態をみて決めるべきで、不適切な説明だった」としている。男性は24日、退職証明書などを持参して申請し、市は受理した。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120828/shg12082814550005-n1.htm

そもそも、大津市はホームレスじゃないと生活保護を申請できないの?ホームレスとか、完全に極限の状態まできている証拠じゃないか!?そして、この期に及んでもまだ申請が通らないとか、一体どうなっているの?まあ、それは良いとしても生活保護の審査は1人1人の資産調査等を実施して、その結果を踏まえて、生活保護のを受給させるかどうか?を決めるわけだ。これはいかにも仕事を懇切丁寧にやってますよ?的なやり方だけど、このやり方には限界があるし、問題点が山積みだと思う。

というのも、不正受給というものがこれだけ騒がれている反面、とある女性が600円しか所持金がないにもかかわらず、申請が認められなかったというありえないケースもあったわけだ。いや、審査をする職員がいい加減だとは言わない。でも、その熱心に調査して出した結果が全く望ましいものになっていないのである。どれだけ熱心にやってもこれだけ不公平な結果を生じさせているのである。

だから、職員が1人1人調査して(ryなんてやり方では無理なんだよ。というか、好ましくない結果をもたらしやすい。国民の大半は不正受給にはうるさいけど、受給漏れには関心がないからなwww結局、文句を言っている人間は社畜として苦労している自分と比較して、働きもせずに楽してお金を得ている人間が嫌いなだけなのさwだから受給漏れには目もくれない。

では、どうすれば良いのか?という問題もある。それを考えると現状のやり方を継続するほかにないのかもしれない。1番は不正受給にうるさい人間に提案をしてもらいたいところだけど。現状のやり方を継続するなら、少なくとも不正受給、受給漏れは永遠になくならない。ただ、生活保護の問題は今後もニュース、新聞誌上から消えうせることはないだろう。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の社会問題ニュース】
今年卒業の大学生3万3000人がニートになっていたことが判明!
県外からの助っ人頼みで、大学の合格実績を輝かせる私立高校が多発
ブラック企業を越える!?「ど底辺企業」の悪しき実態
Twitterで「無免許運転」をつぶやいて大炎上!
あまりにも馬鹿すぎる”ゆとり世代”の新入社員
[ 2012/08/29 19:01 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/119-6d1b3f4c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。