相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「コンプガチャ違法なら訴訟続出のリスクも」アナリスト指摘


ソーシャルゲームの普及で急成長してきたグリーとDeNA。ゲームを有利に進めるための「コンプリートガチャ」が問題視されたことについて、「規制の動きには、いわゆる“出る杭を打つ”という財界の意向が働いているのでは」(ある経済評論家)といぶかる声もある。

 それもこれもソーシャルゲーム市場が爆発的に伸びていることが大きい。矢野経済研究所によれば、2008年度に49億円にすぎなかったソーシャルゲーム市場は、2012年度には3400億円を突破する見込みだ。


とりわけ「2強」は、ガチャなどの課金ビジネスが台頭してからは、絶好調が続く。球団まで手に入れたDeNAの2012年3月期決算は売上高が前期比29.3%増の1457億2900万円、営業利益が同13%増の634億1500万円と8期連続で過去最高を更新。グリーも2012年6月期は売上高1600億~1700億、営業利益は800億~900億で前期比約150%増という大幅な増収増益を見込む。
 なかでもゲーム事業は収益の8割を超える大きな柱である。ゲーム業界に詳しい楽天証券経済研究所のアナリスト・今中能夫氏は次のような分析をする。

「コンプガチャが規制されて高額利用者がいなくなると、売上高は3割、営業利益はグリーで4~5割、DeNAで2~3割程度吹き飛ぶのではないかと見られています」

 ゲーム課金事業に代わる新しい収益源について、グリーは「現段階では具体的に公表できません」、DeNAは「ガチャ系以外のコンテンツを強化していくつもりです」と回答するが、さらなる課題が浮上する可能性もある、と今中氏はいう。

「コンプガチャが正式に違法となった場合、利用者からの料金返還請求訴訟や株価下落で損害を被った株主から訴訟を起こされる可能性もあり、業績への影響と訴訟のダブルで経営が厳しくなるリスクも考慮しておくべきでしょう」



”IT企業”は頭が良いのか悪いのか?w

この「コンプガチャ」問題だけど、流行に敏感なはずの俺が知ったのはここ1,2週間くらいだwずっと、名前はよく聞くけど、調べもしなかったから全然分からなかったが、ついに調べた!そしたら分かった!最初は「え?これが何で違法なの?w」と思ったけど、まあ、それ言われてもしゃーないかwと思ってきた。

確かに商売のやり方としては汚いと言われるかもしれんが、上手いこと人の思考回路につけこんだ戦略だと思った。ただ、確率操作ができてしまうのが1番の問題だと思うんだよね。De○A、GR○Eとかはよくこういう戦略を次から次へとやっているようだけど、最終的には非難を浴びて事業縮小、または撤退しなくてはならないwというのが落ちであるw

ただ、これが訴訟問題となって次から次へと損害賠償等の支払いを命ぜられるとなると、ヤバくないか?ん?いや、会社ではなくて・・・。横浜De○NAベイスターズだよ!wwwせっかく親会社決まったのに、たった1年目で撤退!?wwwそんなことになったら、本気で腹筋崩壊では済まんぞ!wこれは中畑監督が「ヤバいぜ!ディー!エヌ!エー!」と叫ぶ日も近いか?www
[ 2012/06/01 02:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/13-8aa29de2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。