相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「最後のセーフティーネット」生活保護が「財テク」に化けている現状は悲しい

河本準一さん一族の生活保護受給問題に続いて、同じ吉本興業所属キングコング梶原雄太さん母親の生活保護受給も問題視され、報道や記者会見が続いた。素朴な疑問として、「貧乏芸人は多いのに、なぜ吉本ばかり」と思うのが普通の方では。
こちらは事実のフレームワークがたいへん興味深い。いやつまり。

マンションを購入。母親を住まわせる
 ↓
マンションは親戚が担保として使い、梶原さん本人は「自分の意志で売却できない」結果に
 ↓
マンションローンが月40万円で、梶原さん本人は「扶養の余裕が無い」形に
 ↓
母親が生活保護申請。息子は3人いるが、とりあえず年収2000万円(推定)芸人の梶原さんは、上記ふたつの理由から生活費援助が無理と主張
 ↓
生活保護受給が認められる
 ↓
結果、「母親はマンション住まいを満喫しながら生活保護受給」という事に


うーん……。

これを見ると、「入れ知恵されてるだろ。生活保護受給ポイントを熟知した誰かに」などとネットで噂が出るのは、仕方ないのでは。なかなか巧みな「財テク」だ。「では誰が入れ知恵を」と考えるのかなあ、皆さん。


こちらの記事では、背景として「吉本ファイナンスからの借金」の可能性を指摘している。

はあこちらでは、その「吉本ファイナンス」に反社会勢力が食い込んでいる可能性を挙げておられます。


生活保護制度が完全に破綻しているということ

頭が良いといえばそれまでだし、どんな制度にも欠陥が出てくるよな。それを利用した一部の人間が吉本芸人だった。ということだ。世間に認知度のある芸人が当たり前のように生活保護を不正受給していることが明らかになれば、一般の人たちにとってこれだけ心強いことはないだろう。「もっと、気軽にナマポ申請に行こう!」という風潮ができるに違いない!w(いや、すでにできているかw)

多分、制度を改革してもあまり変わらないと思うんだよな。少なくとも、不正を取り締まらるために制度を課一買うするのであれば、また新たな抜け道を探すだろう。そして、それがインターネットで公開、やり取りされ、再び生活保護制度は破綻するのが目に見えている。時間をかけて制度を設計した人以上に時間をかけて制度の穴を探し回る人間がたくさんいるのだ。

不正を根絶するのであれば「ベーシックインカム」がやっぱり合理的だと思う。確かに制度として発足するには多少なりも問題があり、それに国民の承認が必要だが、生活保護制度の問題をほぼ一掃してくれる。これだけ生活保護の不正受給問題に怒り狂っているのであれば、容易に承認が得られそうな気がしてならない。何といっても不正を糾弾するとともに、本当に必要な人間の漏れをなくす最高のセーフティーネットとして機能してくれるだろう。
[ 2012/06/04 13:06 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/19-0fb1bd46


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。