相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痴漢男、地下鉄線路・一駅を必死の逃走

大阪市営地下鉄御堂筋線で女性の体を触ったとして、大阪府警東署は6日夜、大阪府東大阪市の男(34)を府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕した。

 男は午後10時45分頃、駅員に追いかけられて、本町駅から淀屋橋駅に向かって線路上を逃走。約10分後、北1キロの淀屋橋駅付近で、待ち構えていた同駅の駅員らが取り押さえた。
 
この騒ぎで同線は約10分間、全線で運転を見合わせ、約7000人に影響した。

痴漢冤罪被害に遭ったら・・・。

「痴漢」と聞くと、俺たち男性はいてもたってもいられない。いつ、どこで痴漢冤罪に巻き込まれるのか?分からないからだ。このニュースも男は逃げたと書いてあるが、犯行がバレて逃げたのか?それとも、冤罪に巻き込まれて逃げたのか?分からない。

というのも、痴漢冤罪に巻き込まれたら、”その瞬間に逃げろ!”と主張する弁護士の人たちが少なくないからだ。その場で逮捕されたら、無罪放免で釈放というケースはまずない。だいたい、証拠が乏しいから最終的には”わざわざ公衆の面前で被害を告白した女性の主張を信用し(ry”とかいう、何の根拠もないwとてもワケノワカラナイwとんちんかんな理由wで、女性の痴漢被害を認めるケースが大半なのである。こいつら全員、1回冤罪被害被ってみろよ!wwwと思えて仕方ない。結局、大半のケースでは現行犯逮捕されれば、当分の間拘束される。そして、結局示談金を支払って、ようやく解放というパターンが多いらしい。

中にはきちんと「身分証明書を渡して、身分を証明してからその場から立ち去ることが大切!」と主張する弁護士もいるようだが、今の日本の風潮の場合、それをしてしまうとそこでアウトの可能性が高い!痴漢冤罪の場合、1番避けなければいけないのは現行犯逮捕である!仮に逃げても、逃げるということはやったな!?と思われる可能性も高いが、こっちの方が有効性は高いのではないか?と思っている。

俺が痴漢現場に仮に遭遇したら、俺はまずはこれは冤罪ではないか?と疑ってみる。大半の男性は女性に味方しそうだが、俺は逆に男性に味方する。というか、その痴漢の訴えを無視するだろう。司法制度が痴漢に対して偏見を持った捜査をしているように、俺も痴漢に対しては偏見を持って日頃から対処していく。男性を痴漢冤罪から守るにはこれを貫くしかない。男性の身は男性たち自身の手で守っていかねばならない。痴漢被害よりも、痴漢冤罪被害の方が深刻に思えて仕方ない。言い方は悪いが、勘違い女w、策略を持って男性を貶めようとする女は男性の最大の敵である。
[ 2012/06/07 11:34 ] 犯罪事件ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/28-2766ace3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。