相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新入社員が3年で辞める本当の理由

せっかく高いコストをかけて入社した若手社員が、すぐに辞めてしまって困る」という話をよく耳にする。若手社員が短期間で会社を辞めてしまう背景にはさまざまな理由があり、マスコミなどでは「入社前と入社後のギャップに原因が」という記事をよく見かける。

 しかし、それは今に始まったことではない。私も1992年に新入社員として東証一部上場企業に入社した後は、新人研修で自衛隊へ連れて行かれ、入社前とのギャップをホフク前進しながら痛感したものだ(今となっては、あんなに記憶に残るすばらしい研修はなかったが)。

 では、実際にどんな理由が考えられるのだろうか? 1996年と2007年に2回転職した私の経験も含め、現代の若者が早期に辞めるに至った背景として3つの仮説を作ってみる。

 

第1の仮説は「欧米文化の浸透による世間の変化」だ。日本人は欧米文化への憧れを抱いている点が多く、現在では欧米の食品、インテリア、スポーツ、書籍、メディアはもちろん、ビジネス界でも外資の参入は昔に比べて増加しているのは明らかだ。

 今では当然の知識となっているが、日本以外では転職は恥ずかしいことでない。転職はキャリアパスとして解釈されるようになり、日本文化自体が転職許容文化になってきている。つまり、世間が変化しているのだ。昔なら、「転職したら恥ずかしい」と考え、さらに周囲からは「根性無し」と思われる不安があった。それゆえ、両親、親戚、友達に対して後ろめたさがあり、なかなか転職には踏み切れなかった。

 しかし、今ではそのような感覚は昔に比べると希薄になっており、むしろ「良いキャリアになる」という風潮もあるのではないかと思う。

 第2の仮説は「転職の容易化」である。インターネットやメールの普及で、転職が容易になってきている。やろうと思えば、100通一斉に履歴書を送れる。昔は履歴書と言えば当然手書きで、1枚作成するのが大変で、1文字間違えれば、また1から書き直し。また、インターネットとPCの普及で、どの会社が中途採用を実施しているかの情報がすぐに手に入り、社風や条件なども一目で分かる。

 この環境の変化で、明らかに転職が以前と比べて容易になり、より希望した会社へ行ける確率も高くなっている。無論、転職した後にそれが成功と言える転職であったかは別の話ではあるが。

 そして最後の仮説は「上司のマインドが変化していること」だ。往々にして、「若者がすぐに辞めるのは、今の若者には根性がないからだ」という、感情的仮説を言いたがる管理職が多い。確かに前述の仮説の通り、さまざまな要因によって、若者自身が変化していることもあるだろう。

 しかし、実は上司自身も昔と変わっていることに気付いていない人が多い。「部下を飲みに誘って、最近の若手は付いてこない」と思った経験はないだろうか? 昔とは違う。今は部下と上司はパートナーの関係であり、ちゃんと飲む(飲めない部下であれば食事でも良い)環境を創る必要がある。

 それでも、「なんで上司がそんな気を使わなければならないんだ!」と思う方もいるだろう。しかし、これまでの仮説の通り、「時代と環境は変化している」という明確な答えが待っている。

 現在と比べ、昔の上司は愛社精神が強かったのかもしれない。愛社精神が強ければ、会社発展のために部下が嫌がろうが、強引に飲みに連れていった。しかし、高度経済成長期の集団主義から、バブル崩壊ごろから個人主義へ移行し、上司自身も愛社精神による部下教育より、自己保護による意識が働いているのではないだろうか。

 つまり、部下を飲みに誘って断られた後に寂しい気持ちになり、そこから「そこまでして、部下を教育するつもりはない」という割り切った気持ちにはなった経験はないだろうか。

「自社で働く方がやりがいがある」と本気で思えるような環境整備を

 これら3つの仮説は統計的データこそないが、私の経験として痛感しているものである。実際私も、1996年と2007年の転職では、その環境は大きく様変わりしていた。

 これらの仮説が絡みあって「若手が転職しやすい」とするならば、現代の上司は昔以上に自社のために若手を教育する熱意をもう一度、自ら湧き立てる必要がある。

 転職容易な時代だからこそ、自分のプライドよりも、部下を育てることに全力を注ぐ。仕事の楽しさを教える。ある意味、昔の上司よりも環境が異なるために、今の上司に求められる難易度も高いわけだ。

 そのためにも、若手たちが「転職することより、自社で働く方がやりがいがある」と本気で思えるように、会社の制度、報酬以外の価値、人間関係を整備する必要がある。コーチングなどのコミュニケーション技術が必要となっている背景もここにある。

 上司としては、決して部下におべっかを使うということではなく、部下へ愛情をもって、厳しく、楽しく一緒に仕事することを心がけることが若手もベテランも、モチベーションを持って働くために必要なことなのだ。部下が辞めないためのカギは上司が持っている。


別に辞めるのは自由だよなー

新入社員が抱いている会社に対するニーズや希望というものは人ぞれぞれである。なので、企業側が仮に努力をしたとしても、それにそぐわない一定数の新入社員が離脱していくのは無理はないという。っていうか、だいたい「せっかくコストをかけた新入社員がすぐに辞められるのは困る」というのはせっかくコストをかけてシューカツしてるのに、どこからも内定をとれなくて困ると同レベルの嘆きだろうwシューカツ段階では、企業側が立場が上だから選び放題だが、入社してしまえばそこで働き続けるか?転職するか?を決定できる立場は親入社員側にある。言ってしまえば、企業が困ろうがそうでなかろうが、その選択権は新入社員の自由である。別に文句を言うのは自由だが、その姿はあまりにもみっともなく映るwww

俺がシューカツしてたときも、とあるIT企業○フ○○トという会社の説明会に行ったときのことである。そこで社長自らがこう切り出した。「せっかく、採用してあげたのにわずか数年で辞めていく奴が多いが、ふざけるな!と言いたい」という風な内容だったと思う。俺はこのとき、心の中で「辞められるお前の会社の方に問題あんだろwww」と吹いていたw別に誇れるほど大きな会社ではないし、選考に関わってきたほとんどの社員の人たちがとても高圧的な態度で、俺はこの企業に対してはかなり印象悪かったなー。

俺は終身雇用が破綻して、労働者の流動性が生まれるのは良いことだと思う。商品やサービスとしても、または社内の労働環境としても、ダメなところはどんどん客も労働者も逃げていって、淘汰されていくべきだと思う。そうるれば、さっきの社長みたいな大きなことwを言う奴wwwが減るのではないだろうか?w
[ 2012/06/09 18:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/32-5666e552


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。