相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「自分には価値がない」…大学生らの自殺、初の1000人突破 就職失敗で

■「自分には価値がない」
平成23年の自殺者は3万651人と、10年以来初めて3万1千人を下回ったが、一方で就職活動の失敗を苦に10~20代の若者が自殺するケースが目立っていることが8日、政府が公表した24年版「自殺対策白書」で明らかになった。

白書によると、23年の大学生などの自殺は、前年比101人増の1029人で、調査を開始した昭和53年以来初めて千人を突破した。内閣府は「雇用情勢の悪化」を一因に挙げている。警察庁の統計では、「就職失敗」による10~20代の自殺者数は平成19年の60人から23年は150人にまで増加している。

snk20120609111view.jpg

大学新卒者の就職率(4月1日現在)は過去最低だった23年の91・0%から24年は
93・6%と4年ぶりに上昇したが「改善とまではいえない。実際に80社以上申し込んでも
内定が得られないという学生もいる」(大学関係者)。

全国自死遺族総合支援センターの杉本脩子代表は「何度も落ちることで次第に追い込まれ、
『自分には価値がないのではないか』と孤立感を深めていくのでは」と分析する。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/567662/

心のケアに力を入れる大学も増えている。千葉県内の私立大では就職活動が本格化する
1~4月に学生の表情をチェック。「企業の厳しい質問に面食らい、ふさぎこむ学生も多いので
積極的に声をかけて励ましている」(担当者)という。

厚生労働省も全国57カ所の「新卒応援ハローワーク」で、内定のないまま卒業した学生の
ケアを行っている。同省は「顔を見せなくなれば、電話やメールで就職活動再開を促している。
学生に寄り添う型の支援がますます重要になってくる」としている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/567662/


根本的な解決策以外は無意味

”心のケア”って言葉よく聞くけど、俺は根本的な解決は望めないと思うんだよなー。心のケアを行っても、今の就職事情を見ると、それで自殺を思いとどまったとしても、再度就職活動を行ってもまた失敗するケースもありうる。そうなると、それまで以上に深い心の底に沈んでしまうのではないか?と思うんだ。

要するに、日本の景気や雇用が変わらない限り、こういった自殺を止める術はないと思う。大学のケアというのも、結局”一時しのぎ”に過ぎず、その問題が再発する可能性は高い。自殺を止めたいなら国が率先して対策をしてほしいわ。

だいたい、”高齢者雇用安定法”だっけ?65歳以上の定年制の創設、定年制の廃止、継続雇用制殿導入のうちの1つを企業を義務付ける制度だ。こういった高齢者の雇用確保の施策はよく見る。まあ、年金支給年齢の引き上げとかとの兼ね合いもあるんだろうけど、こういった高齢者がより働きやすい環境を整えることは若者の就職の窓口を狭める結果になる!言い方は悪いが、就職するときも簡単だったにもかかわらず、いつまで経っても企業に居座る老害のせいで、若者にしわよせがやってきてるである。今の日本は高齢者と若者の共存は不可能な社会構造になってしまっているのである。
[ 2012/06/11 01:12 ] 2ちゃんネタニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/36-3e502f2b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。