相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「サビ残なう」のツイートで、労基署が会社にやってくる!?

2012年6月9日の午前8時すぎ、ツイッターで【社会人へ注意喚起】と題されたつぶやきが投稿され、またたく間にネット上に広がった。お気に入り投稿への登録は1200あまり、公式リツイート(再投稿)の数は7000を超えている。
「【社会人へ注意喚起】鍵がついていないアカウントで「サービス残業」やら「サービス出勤」と解る呟きは注意してください。 検索かけて、勤怠調査する労基がいます。 場合によっては会社に乗り込んできて「労働基準法違反」等言ってきます。うちの会社が被害にあいました。いい気味だ」
「社畜さしすせそ」も同時に盛り上がり「鍵がついていない」というのは、閲覧制限がなく誰でも見ることができる書き込みのこと。このつぶやきが拡散するにつれて、ツイッターユーザーからは、

「毎日サービス残業5時間超えるっておかしいよ。。。」
「仕事が終わらない終わらない終わらない。何日サービス残業すればいいんだ」
「いえ~い!労基の人見てる~♪サービス残業で検索してボクを救って!」


といった投稿が相次いでいる。

kaisha135383_pho01.jpg

もっとも、ツイッターのつぶやきだけで、労働基準法に違反する行為を確認することは難しい。事実上のサービス残業(賃金未払い残業)が蔓延する中で、いきなり特定の会社に乗り込むこともないだろう。「うちの会社が被害にあいました」と書いているのもおかしい。

このつぶやきはジョークと思われるが、話題の急速な広がりからは、サービス残業が多くの職場で行われ、従わざるを得ない労働者が大勢いることがうかがえる。同じころ広まったサービス残業に関するツイートには、こんなものもあった。

「【社畜さしすせそ】 (さ)サービス残業 (し)死んだ魚の目 (す)すさみゆくココロ (せ)迫り来る終電時間 (そ)それ残業代出ませんから」
「社畜(しゃちく)」とは、「会社で家畜のようにこき使われている従業員」という意味のネットスラング。こちらも1500を超えるリツイートが広がっている。

実はあの”橋下知事”の大阪府でも、過去にサービス残業があったらしいwただ、この女性は・・・。



日本の誇れる文化w「サービス残業」

もはや「サービス残業」
なんてのは日本の文化だなw俺はアルバイトしてたとき、残業みたいなこともやらされちた。でも、それはサービスではないw夜も11時が過ぎていて、お店の閉店後の作業をやらされていたことがある。ただ、家は歩いて10数分のところだったし、作業も簡単なものばかり、その時間は時給が30%アップする時間帯だったこともあり、俺はどちらかというと、喜んで残って仕事していたwww

ただ、給料が出ないまま仕事させられる社畜共には本当に同情したくなる。でも、それに素直に従い続ける労働者が多いからこそ、それにかこつけて調子に乗る経営者がどんどん出てくるわけだ。こういう事態を招いたのも労働者に原因は少なからずあると思う。ただ、サービス残業自体は一応違法だし、取り締まらなければならないものであるのは確かだが、現実的には容認されてしまっている。

多くの企業が社員をサービス残業で働かせて人件費を浮かせていることから、「なら、うちもやらないとマズイ!」となって、多くの企業がサービス残業という手を使って競争している。もはやサービス残業を怠る企業は落ちていくというのが今の日本の産業構造だろう。サービス残業抜きでは成り立たないのが日本の企業とは、何と情けない事態だろうか・・・w

今は「ワークライフバランス」という仕事と家庭との調和のバランスが叫ばれていて、これを少子化対策の一環としても政府が取り入れているのである。だからこそ、仕事一辺倒の今の日本社会は改善されねばならない!仕事だけの生活、それが生きていくために仕方のないことであったとしても、そんな生き地獄みたいな毎日を生きて、果たして真に”生きている”と実感できるのであろうか?もっと、人間らしい労働というものを考え直してほしいと思う。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 
[ 2012/06/15 23:42 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/45-67a65708


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。