相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福岡市職員の飲酒禁止令は一応の成果・・・?

福岡市の全職員に自宅外での1カ月禁酒を求めた「禁酒令」が20日で終わり、高島宗一郎市長は21日午前、市役所内で報道陣に「期間中に1件の不祥事も出ず、やればできると思った」と安堵(あんど)の気持ちを語った。また「多くの市民の協力で取り組むことができた」と感謝した。

 高島市長は「ホッとしている」と述べ、「全職員が同じことをしたのは市として初めて。連帯感を確認でき、これから福岡の発展のために頑張ることができる」と語った。期間中に1人の職員が飲酒していたことが発覚したことについては「残念だが、禁酒はあくまで要請」と処分の対象外であるとした上で、「多くの職員が友人との付き合いなどで葛藤もあるなか、緊張感を持って頑張った」と評価した。


どうせやるなら継続しないと意味がないのでは・・・?

これって、1ヶ月の期間限定だったんだよね・・・?1ヶ月間自宅外での飲酒を我慢して、その間トラブルが特に出なかったのは良いんだけど。1ヶ月でやめるのであれば、1ヶ月やる意味はあったんだろうか?永久に禁止、または一切禁止しないならまだしも、やめてしまえば結局元に戻るとしか思えないのだがwww

飲酒運転を防ぐためにやったのであれば、これを継続しないと意味がない。っていうか、そもそも禁止はやりすぎな気がした。俺は酒は飲まないからどうでも良いのだけど、福岡市で飲酒運転のトラブルが起きたのであれば、責任をとるのはその職員だろう。何で連帯責任なんだろう?仮に連帯責任をとらせるにしても、1ヶ月やっただけで効果が持続するとでも思っているのであろうか?

あと、1番疑問に思うのはこの期間中に飲酒が発覚したのが1人だけ。という点である。本当にそうであろうか?あくまでも発覚したケースが1人であるから、絶対に飲酒をした人間はもっといたと思う。それを知ってるのか?知らないのか?「やればできる!」、「ホッとしている」というコメントはちょっと笑ってしまったw酒好きで、普段から自宅外で飲んでいる人間からしたら、それを1ヶ月も禁止されるのはたまったもんではない。酒はある程度依存性があるから、いきなりやめられるものでもないと思う。この1ヶ月間の飲酒禁止令はそこに合理性があったのだろう?と疑問が尽きない。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 
[ 2012/06/21 19:11 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/52-ca229adb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。