相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津市中学校の校長「いじめには気が付かなかった」

大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、自殺の6日前、担任教諭らが別の生徒からいじめの報告を受け、学校で話し合いを持っていたことが14日、分かった。生徒が通った中学校の校長(59)が問題発覚後、初めて記者会見し、「今となっては気が付かなかったのが事実だ」と述べ、当時はいじめと認識していなかったことを強調した。

 市教育委員会などによると、男子生徒が自殺した6日前の昨年10月5日、男子生徒が校内のトイレで同級生にいじめられていると、女子生徒が担任の男性教諭に報告した。教諭が駆け付け、2人から話を聴いたが、いずれもいじめを否定。教諭はその後、個別に話を聴いたが、男子生徒は「大丈夫。これからも友達でいたい」と答えたという。


その数日前にも別の生徒が担任教諭に、男子生徒がいじめに遭っていることを伝えたという。

 担任と学年主任、生徒指導担当ら5、6人の教諭が10月5日に話し合いを持ち、2人はけんかしていたと判断。けんかがあったときには、いじめに発展するケースが捨てきれないため、男子生徒の経過観察をすることにした。しかし、男子生徒は同月11日、自宅マンションで飛び降り自殺した。





いじめ問題はその根底から取り除いていかないといけない!

いじめの問題は難しいんだよなー。まず、立証がとても困難となる。実際にいじめを受けている生徒も、学校側もその実態を明らかにするのが難しい。だから、気が付かないというのも頷けないことはない。でも、それで責任が回避されるのか?というと、そういうわけにもいかないのだろう。

学校側にとっては解決せねばならない問題であることは確かなのだが、ある意味、いじめという問題は学校側にとっても迷惑な話であり、大きな被害を被っていると思う。昔はドラマなどではいじめを取り上げた作品がいくつか放送されていた。その中で描かれていたのは結構的を得ているのではないか?と思う。いじめを受けている本人はどうすることもできない。周りに頼ろうにも助けてくれる人がいない。例えば「GTO」なんかでは、救世主が出てきてくれるわけだが、現実はそうはいかない。

そこで、たびたび出てくるのが「学校の名誉」という言葉である。いじめを隠蔽しようとする心理にはそういった理由が考えられる。ドラマの中では「名誉がそんなに大事か!?」と、教師がそう投げかけるドラマもあるが、現実にはそんな教師がいるだろうか?さらに、私立の場合だと学校経営は大切な問題となり、学校の名誉は死活問題になりかねない。今回の校長がそういった理由で隠蔽を意図しての「気付かなかった」というコメントなのか?の真意は分からないけど、いじめの問題として学校側がきちんと事実を把握し、それに対処していかないことにはまず解決は無理である。

そして、「いじめ問題」が問題なのは今回でいえば、自殺のように大きな事態に発展しないと、社会的に問題視されないことである。なので、世間の関心もそこまでいかないと薄いままであるというのも問題な気はするのだが、いじめという問題はおそらく日常茶飯事だと思う。だからこそ、その1個1個に興味を示さないのである。そして、いざ大事になると、一気に世間は罵声を浴びせる。これって、何だか都合が良すぎるというか、身勝手な気がする。我々がそういう態度をとるのであれば、大事になる前に、日頃からいじめそのものに関心を寄せ、家族、地域住民が注意深く見守っていく必要があるのではないか?

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の犯罪事件ニュース】
いじめた人間に”人権”は認められないのか?
[ 2012/07/16 00:56 ] 犯罪事件ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/79-c9cfdf12


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。