相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中川翔子「いじめをする奴らのために、自殺なんてしないで!」

タレントの「しょこたん」こと中川翔子さんが、大津市で起きた「いじめを苦にした中学生の自殺」について言及し、大きな話題となっている。中川さんは今回のいじめ問題について非常に心を痛めているようで、ブログの文章から深い悲しみを感じることができる。

以下は、中川さんがブログに書いた「心境」と「願い」である。いじめられている人、いじめている人、そして人を守るべき立場にある人、すべての人に読んでもらいたいメッセージだ。


 ・いじめ
いじめ事件について野田首相がコメントしたんですね、異例の事態、報道、追及どんどんしてほしい。腐りきった隠蔽、言い訳、そんなものがどんどんなくなっていく世の中になるように…生徒の声を聞かずにいじめはなかっただの遊びだっただの、恥を知ってほしい あらゆることで 死人にくちなし 加害者の人権ばかりが優先されるけど被害者は人権を踏みにじられて、命までなくしてしまった、された側は一生忘れないこと。

いじめなんて言葉におさまりきらない事柄がたくさん隠されようとした問題、徹底的に追及し、ありのままの真実をとにかく明らかにしてほしい。加害児童たちの、遊びのつもりだった、そんなことがまかりとおるなら暴行恐喝など世の中の犯罪も遊びですまされることになる、命を追い詰めた、失ったこと、一生背負っても足りない。遊びだったというなら同じ目にあってみろと言いたい。

世論が騒がなかったら闇に葬られていた事件だったかもしれないし、まだまだ氷山の一角で、隠蔽されていたいじめ事件によって失われた命がたくさんある。遅すぎる、すべてにおいて。命が失われてからじゃ遅すぎる。教師が、学校が、まともな対処をしないと生徒にとっては学校が世界のすべてになってしまうのだから。学校が世界のすべてではないのに。

まだまだ現在も、言えなくて苦しみ続けている人たちもたくさんいると思う。そんなやつらのせいで死ぬという選択だけはしないでほしい。絶対に、生きる価値がいっぱいいっぱい未来にはある。いじめをする下らないやつの人生よりよっぽど幸せな未来が待っているから、、。隠蔽を許してはいけない。ありのままの真実を。そして命を追い詰めたことの重さを(引用ここまで / 一部の句読点は編集部によるもの)

23123123.jpg

上記の中川さんからのメッセージ、皆さんはどうとらえただろうか? 中川さんは非常に影響力のある人物だ。だからこそ、彼女のメッセージが「世の中の間違った何か」を正すきっかけになるかもしれない。そうなることを願ってやまない。

http://rocketnews24.com/2012/07/17/231368/


どうして自殺を選んでしまうのか?俺には分からない。

連日、この話題ばっか取り上げているけど、確かに、いじめた奴らのためにわざわざ死を選ぶ必要はないだろう。彼らの思う壺かもしれない。俺はいじめだけに限らないけど、自殺する人の気持ちが理解できない。そんな立場に立たされたことがないからだろ!といえば、それまでかもしれないのだが。でも、やっぱり現時点では理解できない。というよりも、納得がいかない。

今の俺の気持ちを、あの名探偵である工藤新一の名セリフを拝借して表現すると、「理解はできても、納得がいかねーんだ。自殺する人間の気持ちなんて・・・。」となる。やっぱり、自殺という行為は何ら合理性を持った行為には思えない。亡くなった人間を悪く言いたくはないけど、自殺はすべての可能性を無にしてしまう、愚かな行為にしか思えない。本人がどんなつもりで自殺を選んだのか?は分からないけど、やっぱり生きられたはずの残りの人生が勿体無い・・・。

俺ならどうするか?俺はどんな逆境に立たされても、自殺を選ばない自信がある。というか、自殺を選ぶくらいなら、そいつらを殺すだろう。というか、「何で俺がこんなゴミ共のために死ななあかんの?www」というのが本心だ。だから、極端な話だけど、自ら死ぬくらいなら加害生徒を殺す道を選ぶ。というのは何ら罪のない人間が1人消えるより、明らかな害悪的存在が消えた方が社会的に見ても得策だろうし。場合によっては刑期も軽減されるだろうという見込みも立つし。これなら、皆納得してくれるんでない?w

自殺する、しないは本人の自由意思だから、本当はあれこれ言いたくはないのたけど、俺の言いたいことは何の抵抗もなく黄泉の国へ行ってしまうくらいなら、何かしら抵抗しろと。今朝の新聞に載っていた記事で、森永卓郎さんもおっしゃってたけど、「どんな形でも抵抗を見せると、いじめる側は怯む。それが大切なんだ!」と。そして、自分が自殺に追い込まれるくらいなら、相手を殺した方が良い!くらいの気持ちで立ち向かわないといけないと思う。少なくとも「できることなら・・・死を選びたくない!」という気持ちが多少なりともあるのなら、是非一泡吹かせてやってほしい。自殺は事実上の”降参”を意味するに他ならない。と思うから。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の犯罪事件ニュース】
内藤大助「大津市の自殺はもはや殺人事件」
大津市中学校の校長「いじめには気が付かなかった」
いじめた人間に”人権”は認められないのか?
[ 2012/07/17 17:51 ] 犯罪事件ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/82-77a498a7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。