相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刺青を入れた専門学校生が除籍処分に遭っていた!?

入れ墨を理由に、医療系の専門学校への通学を拒否したのは違法だとして、元生徒の男性(33)が、学校法人「モード学園」(大阪市北区)に入学金返還や慰謝料など約230万円の支払いを求める訴えを大阪地裁に起こしていたことが分かった。学園側は、25日に開かれた第1回口頭弁論で請求の棄却を求めている。

 訴状などによると、男性は平成21年6月、柔道整復師の受験資格取得のために同学園が運営する専門学校「大阪医専」(同市北区)に入学。22年4月、学校側から「入れ墨があると資格取得が難しい」と聞かされ、高校時代に入れた縦横約20センチの入れ墨が背中にあると伝えた。



その後、学校側から、休学して入れ墨を消すか、退学するかを迫られたため、男性は休学。入れ墨の除去手術を2回受けたが、期限までに消しきれず、今年3月に除籍になったという。

 男性側は、入れ墨は学校の規約で禁止されていないとして「入れ墨を理由にした通学拒否や退学勧告は差別であり、違法」と主張。一方、学園側は入れ墨を消すように求めただけで、就学拒否や退学勧告はなかったとしている。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120726/waf12072611170012-n1.htm


もう、トラブルが起きる前に施策を講じろよ!w

何だか、よく分からないんだけど?w整理してみると、学生と学校側の主張が食い違っているよな?学生は刺青を消そうとしたわけだ。それは通学拒否をされたから。でも、学校側は消すように指導しただけで、通学拒否も退学勧告もしていないという。通学拒否も退学勧告もしていないなら、どうしてこんな問題が起きたのか?そして、学生は何のために刺青を消そうとしたのか?謎である。

そして、最終的に「期限までに間に合わず、除籍になった」というではないか!?通学拒否も退学勧告もしていない学校側が刺青を期限までに消さなかったために除籍!?意味が分からん・・・wそれとだ。あくまでもこのニュースを読む限りだけど、刺青が障害となるのは資格の取得に関してであり、これは学校に在籍、通学することの障害にはなっていないようだけど。でも、除籍になってるんだよな?wwwこれは理解に苦しむ。

もう、以前と違って、欧米のように刺青がかなり一般化してきていることは事実だと思う。いや、とっくに一般化してきていたのだけど、我々一般人がそれに気付かなかったのだろう。大阪市の職員を皮切りにして、全国各地の至るところで刺青騒ぎが起きている。これからもっと増えてきそうだし、刺青の文化を受け入れるかどうか?は別として、それに対するルール、対策といったものを考えていくべきでは?

今回でいうと、学生側の主張する「規約」が存在しないこと。もう、刺青がかなり浸透してきている今、こういった問題を避けるために、各学校、企業、その他団体などは刺青の有無にこだわるのであれば、刺青に関するルール、規約を設けるべきであろう。入学時には特に咎められないけれども、それが発覚した段階で、今回のようなトラブルになったのでは学生側も納得がいかないのは当然だろう。きちんと誰にも理解可能な”明確な基準”を作っていくべきである。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の社会問題ニュース】

現代は雇われることを避け、自由に稼ぐ人々が急増
働ける状態にある生活保護受給者に、古河市は受給停止を決定
日本一周中の女性が鳥山明さんにアポなし突撃
タバコがやめられない大阪市職員
[ 2012/07/26 21:42 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/93-01c112c6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。