相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信号無視の注意に逆切れして殺害した男の初公判

突発的なたった1度の殴打が相手の命を奪う結果になった事件。しかし、検察側の冒頭陳述と証拠調べでは犯行の悪質性が浮かび上がった。

 柔道整復師として整体の仕事をする被告は犯行当日が非番で、2人暮らしをしている次男と外出。カラオケ店に向かう途中だった。被告が息子を促して赤信号の横断歩道を渡っていたところ、周囲に響く大声で、被害男性が叫んだ。「赤信号だぞ!」

 男性の脇で「うるせえんだよ」と言い捨て、通り過ぎた被告。しかし、さらに「何、この野郎!」と憤慨する男性の姿を目にして、“キレた”。至近距離から男性の顔面を思い切り殴りつけると、男性は「人形のように」(検察側の冒頭陳述)あおむけに倒れる。後頭部を地面に打ち付け、衝撃で4回バウンドした。

 耳から血を流し、身動き一つしない男性。息子を引き連れ早足で立ち去る被告を、目撃者が追いかけた。「ちょっと来いや。おじいさん、もう重傷だぞ」。被告は右手のこぶしを示して殴りかかるしぐさをみせ、「うるせえんだよ」と一蹴。追いかけられないように遠回りし、家路に着いた。

 次男は犯行の一部始終を目の当たりにして、検察の取り調べに対し「呆然(ぼうぜん)となり、父親の後をついていくことしかできなかった」と話したという。そんな息子に、被告は帰宅後も不快感をあらわにした。「せっかくのカラオケに行けず、気分が悪い」「殴ったのは悪いけど、あっちもそれなりに悪いことがある」。被告はその後も普段通りの生活を送り、報道を通じ翌月に男性が死亡したことを知っても、出頭しなかった。

 あまりにも自分勝手な犯行に及んだ被告だが、弁護側は自首できなかった事情として、家庭状況の問題を訴えた。

 被告は過去に結婚し2子をもうけたが、妻の浪費癖と借金を理由に離婚。当時10歳と5歳だった子供を岩手県宮古市の実家に預け、東京で一人、子供たちの生活費の仕送りと負債返済を続けた。ようやく借金を完済し、高校に入学する次男を今年4月から引き取る予定だったが、昨年3月の東日本大震災で実家が被災。急遽(きゅうきょ)前倒しで7月に次男を上京させ、10年越しで同居生活を始めた矢先の事件だったという。

 犯行後に逃走、出頭しなかった理由について、被告は弁護側の質問にこう答えた。

 被告「まさか倒れるとは思わず、このままでは子供にも迷惑をかけると思い、逃げてしまいました」

 弁護人「子供に迷惑をかけるというのは?」

 被告「今まで親の都合で苦労をかけ、子供に負い目を感じていました。子供は被災し、自分を頼って上京したのに、私が捕まれば行き場所がなくなる。それが一番でした」

 次男は傍聴に訪れなかったが、弁護側の証人として被告の長男が出廷。家庭状況や事件前後の被告とのやり取りを明かした。

 証人「母親はアパートの隣人の名前で金を借りたりして、家にスーツ姿の怖い人が取り立てに来ることもあった。ダメな人だったが、父は1人で借金を返し、弟と自分を育ててくれました」

 弁護人「弟さんから事件を知らせるメールが来て、どう思いましたか」

 証人「最初は自分をだまそうとしていると思い、『ウソだろ』と返信しました。ショックというか…がっかりしました」

 弁護人「お父さんは事件について、どう話していましたか」

 証人「『今自分が捕まったら、(次男の)高校も住む場所もなくなってしまう』と言っていました」 

 弁護側はさらに、犯行の引き金になった要因として、被告の精神疾患を主張した。被告は仕事上のストレスなどから不眠を訴え、22年11月以降、精神科を受診。日常生活に影響を及ぼすほどの不安感に悩む「不安障害」を発症していると診断を受けていた。勤務先でもかつては温厚な人柄で知られていたが、事件までの1年間で、同僚にペットボトルを投げつけたり顔を平手でたたくなど、3度トラブルを起こしていたという。

 これに対し、検察側の証人として出廷した精神医学の専門家は「薬を処方するためのカルテ上の病名と、病状は別物」として、被告は不安障害ではなかったと指摘。「叱責を受けた場合に、不必要に土下座してしまったり、身動きがとれなくなってしまうのが不安障害の症状。暴力的になるということはない」として、事件への影響を全面的に否定した。

 その上で、トラブルを繰り返していた理由について「精神科で診療を受けると、『退行』を起こす場合もある。『おかしいのは病気のせいなんだ』と考え、ハメを外すようになる症状だ」との見方を示した。

 事件と精神疾患の関連性については検察、弁護双方の主張に争いがあるが、犯行後に救護行為や出頭をしなかったのは被告本人の判断といえるだろう。しかし、検察側の追及に対し、被告はあいまいな受け答えを繰り返すばかりだった。

 検察官「犯行後に『カラオケに行けなくなり気分が悪い』と話したんですよね」

 被告「次男がそういうのならそうだったんでしょうが…家に着いても、本当に起きたことなのか信じられませんでした」

 検察官「被害者に『何、この野郎』と言い返されたことが報道されず、不満だと子供に言いましたね」

 被告「気が動転していました」

 検察官「『被害者にも悪いところがあった』とも?」

 被告「動揺し、混乱していました」

 息子を前に、高齢者を殴り逃走した行為の恥ずかしさ。犯行を正当化する言動を繰り返すことで、それを押し隠そうとする当時の心情を理解するのは難しくない。しかし、「混乱していた」「記憶がない」と言葉を濁す姿は、卑劣な自分を直視できていないような印象を受ける。

 「子供の将来を考え、自首できなかった」と繰り返す被告に、検察官は最後まで厳しく追及した。

 検察官「悪いことをしたら償う、それを示すのが父親ではないんですか」

 被告「そう思います…」 検察側は26日の論告で、「心から反省しているとは到底思えない。法廷で話を聞き、一生許せないという気持ちが一層強まった」という被害者遺族の言葉を引用し、懲役8年を求刑。弁護側は最終弁論で「犯行は突発的で、家族や知人が監督を約束している」として、懲役3年が妥当と主張、結審した。判決は30日に言い渡される。

 10歳の時から両親不在の生活を送った長男は証人尋問で、「今、父を支えている人はみんな、父の味方でです。罪を償って出てきてほしい」と気丈に訴えていた。被災地で暮らす被害男性と同い年の父、母、高校生になったばかりの次男。罪と正面から向き合い、被告の再起を待つ家族の期待に応えてほしい。


正義感が裏目に出る最悪のパターンだ

まあ、酷い事件だということは言うまでもないのだけど、個人的に思ったのは信号無視を注意する人間がいるということだな。勿論、信号無視はルール違反であり、責められるべきものなのだろうけど。俺は信号無視をしている人間は何度も見てきたけど、それを注意する人間は見た記憶がない。

俺も注意はしないなー。心の中では「おいおいw大の大人が信号1つ待てないのかよwww」と馬鹿にしているけど、いちいち口に出して注意する気など起きないな。1番の理由は俺にそんな義務がないこと。2番目の理由は注意をしても、特に俺に利益がないこと。そして、3番目の理由が”無用なトラブル”を避けること。である。

中には逆切れして、襲い掛かってくる奴もいるから、基本的に俺はどういう行為を目撃しても、基本的には見て見ぬ振りだな。今、世間で騒がれている”いじめ”についても同様だけど、わざわざ首を突っ込んで自分に火の粉が飛んでくるのを避けたい。というのが本音である。勿論、今回注意をした男性の行為は決して間違った行為ではないと思うけど、相手がどんでもなく凶悪な男だったのは運が悪かったということだろう。結果的にはそこまでする必要があったのか?俺は疑問である。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の犯罪事件ニュース】
娘の自殺の準備を手伝って、その両親が逮捕
大津市の加害生徒は自殺後もいやがらせ行為を行っていた
ビートたけし「死刑=最高刑はもう時代遅れだろwww」
京都府亀岡市死傷事故の被告少年に反省の色なし
中川翔子「いじめをする奴らのために、自殺なんてしないで!」 
[ 2012/07/29 02:35 ] 犯罪事件ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/96-00e67d3c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。