相互リンク、RSS募集中!
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「これって、聞いて何の意味があるの?」と思ってしまう面接での質問

人生を左右しかねない面接ですから、受ける方はとても真剣です。しかし、真剣であればあるほど、相手の質問の意図に疑問がわくこともありますよね。

今回は、面接のときに「この質問、必要なのか?」とうたがってしまうものについて、男性416名から回答をいただきました。これから面接に挑む人も必見です。






Q.面接で「この質問、必要なのか?」とうたがってしまうものを教えてください(複数回答)
1位 彼氏(彼女)はいますか? 23.3%
2位 親の職業は? 22.1%
3位 あだ名は? 17.3%
4位 休日は何をして過ごすの? 16.6%
5位 血液型は? 16.1%

■彼氏(彼女)はいますか?
・「大きなお世話だと思った」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「聞いてはいけないことになっているはず」(23歳/電力・ガス・石油/営業職)
・「彼女はいまいますか?と聞かれ、はい、付き合って3年になる彼女がいます。と答えたら、面接官にうらやましいねぇ……と、ため息まじりに言われた」(26歳/医療・福祉/専門職)


■親の職業は?
・「親族についての質問は、聞く必要があるのかと思う」(24歳/機械・精密機器/技術職)
・「家族などのことについては話したくない」(25歳/医療・福祉)
・「親についてけなされたくないので」(41歳/ソフトウェア/技術職)


■あだ名は?
・「関係ある?」(27歳/その他/クリエイティブ職)
・「ばかげている」(32歳/その他)
・「単なるつなぎ質問」(34歳/情報・IT/技術職)


■休日は何をして過ごすの?
・「プライベートは仕事と関係ないと思う」(28歳/情報・IT/技術職)
・「面接官も興味なさそうな質問だから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「何で言わなくてはいけないんだと感じる」(30歳/その他)


■血液型は?
・「そんな不測の事態が起こり得るのか? と、勘ぐってしまいます……」(39歳/その他)
・「血液型で何がわかるのかと聞いてみたい」(32歳/その他)
・「血液型で性格を判断するの?」(39歳/情報・IT/技術職)


■番外編:疑問符のつく質問ばかり
・今日は何を食べましたか?「緊張をほぐすためのものかもしれないが、緊張はほぐれないので、早く終わらせて欲しいと思う」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・好きな(嫌いな)食べ物は?「食品系の会社でもなければ意味がない質問なので、聞くことがないか、興味がないかと思う」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・自宅周辺のローカルトーク「面接官が学生時代に暮らしていた場所が自宅に近く、マニアックなローカルトークを面接中に質問されたこと」(27歳/その他/技術職)


総評
「彼氏(彼女)はいますか?」という質問が1位を獲得しました。この質問に限ったものではないのですが、プライバシーにかかわる質問への批判は大半の人が挙げていましたね。質問する側も、大いに気をつけるべきことといえるでしょう。


2位「親の職業は?」についても同様です。働くのは自分であって、親はまったく関係ないというご意見が多数です。面接をする側にとっては、なんとなく軽い気持ちで聞いたとも考えられなくはないですが……。


5位の「血液型は?」についても否定的見解が圧倒的でした。友人同士での会話のなかなら理解できますが、万が一、それを合否の判断材料にしているとなると首をかしげたくなりますね。


そのほかには、宗教や支持政党を聞かれたという極端な例もありました。面接をする方もされる方も、慎重な受け答えが必要になりますね。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2012/07/30_1.html

日本の就職活動はもはや糞だろうと思う。俺は面接の質問内容云々よりも、面接という選考形態自体が合理性があるのか?疑問である。まあ、100歩譲って勝手にやらせておけば良い民間企業は良いよ。でも、公務員試験でも同様に面接はある。といっても、回数、倍率は民間企業に比べて少ない、低いけれども。

公務員ってのは住民のために働くものである。そんな大切な職員を選ぶのに公平性も公正性も確保できない面接をするのはどうなのか?民間企業はおかしな奴をとっても困るのは企業だから自業自得だろうけど、公務員の場合は困るのは自治体、官庁と共に市民、国民である。コネ採用をはじめ、恣意的な選考を可能にする選考システム。それが面接である。

そもそも、人によって面接官も違えば、採点の基準も違うし、質問内容も違う。そして、合否の決め手も違うだろう。というのも、「この子、俺のタイプだから合格!」、「こいつの趣味、俺のと合わないから不合格!」とか、そんな合理性の欠片もない、理不尽な選考が行われかねない。「あの面接官じゃなければ受かってた!」なんてことも当然起こってくるだろう。そんないい加減な採用システムを公務員試験の場で採用しているのはどうかと思う。

これも100歩譲って面接自体は課しても良いけど、それはもはや選考ではなく、チェックの場にすべきだと思う。要するに、筆記試験で合格者予定数の近い人数まで絞り、簡単な面接(面談)を行う。それで特に問題がなければパスするというものである。総数から合格者数を選ぶのではなく、合格者の最終チェックを行う場にすべきである。

で、問題の面接の質問の方だけど、俺は選考方法としての面接自体を肯定するのであれば、もはや何を聞こうが向こうの勝手だと思う。受ける側が「意味あるの?」と思っても、そんなの関係ない。向こうが「意味ある!」と思ってるから聞いてるのだ。面接ってのは9割がた面接官の気持ち次第で決まる。合否の決め方がとてもいい加減であり、そうなれば質問内容なんかも客観的に見て合理性のあるものとは限らないのは当然である。

企業側がとても立場が強いため、受ける側とすれば向こうの言いなりになりやすい。面接でどんなことを聞こうが、どんな理由で合否を決めようが、企業の採用活動の自由が保障されている以上、どうしようもない。それに文句があるなら、自分で起業するなり、公務員を目指せば良い!と言いたいところだけど、問題の公務員試験も就職活動同様、茶番の面接はある。だから、民間企業の採用のやり方に納得いかないのであれば、起業するか、公務員を目指せば良い!それが本来のあり方なのだけど、肝心の公務員の採用方法(面接)も民間企業とあまり大差ない。ここが日本の雇用問題の1番おかしな点だと思う。

面接ってのは努力だけではどうにもならない。努力しても職が得られるとは限らない。さらに新卒を逃すと、”ダメ人間”の烙印を押され、採用可能性のある企業は一気に減る。こんな雇用構造なら、そりゃフリーター、ニートが増え、働かないで生活保護等で生計を立てよう!と考える者が出てくるのはもはや必然の状況だろう。そして、就職できずに自殺をしてしまう学生の数も年間で数万人を数えるほどである。もはや職を得られるかどうか?いや、もう人生そのものが運ゲー化してきているのである。

ランキングに参加中なので、クリックをお願い致します!→ 


【最新の社会問題ニュース】
電車内でマナー違反をする人たちの呆れた言い訳w
刺青を入れた専門学校生が除籍処分に遭っていた!?
大津市の加害生徒は自殺後もいやがらせ行為を行っていた
現代は雇われることを避け、自由に稼ぐ人々が急増
働ける状態にある生活保護受給者に、古河市は受給停止を決定
[ 2012/07/31 02:41 ] 社会問題ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2chnewstukkomi.blog.fc2.com/tb.php/98-4a094604


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。